シマヲカナデル KASAOKA ART&MUSIC FESTIVAL 2021

中西圭三 中村耕一 三宅伸治 MAYA MAXX 矢野きよ実 yanokazuki

ISLAND TOUR 2021.02.11,12  KITAGI-SHIMA MAIN STAGE 2021.02.13,14

新着情報NEWS

石の島かさおかプロジェクト 第0回「シマヲカナデル」KASAOKA ART&MUSIC FESTIVAL 2021

開催実施日:2021年2月13日土曜日
北木島会場島民限定開催 11時~14時
岡山放送OHK「なんしょん?」中継放送 12時~13時
参加者:158名
(北木島島民限定参加)

2021年2月11日~14日開催予定だった『石の島かさおかプロジェクト 第0回「シマヲカナデル」KASAOKA ART&MUSIC FESTIVAL2021』は、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて、OHK岡山放送「なんしょん?」(2月13日12時~13時)を使った中継イベントとして開催した。また、新型コロナウイルス感染症予防を考慮し、2月13日は北木島島民限定でアート会場・丁場跡湖上ステージを開場。

北木島会場とOHK岡山放送スタジオを生中継で結び、アーティスト(中西圭三・中村耕一・三宅伸治・矢野きよ実・MAYA MAXX・yanokazuki:敬称略・順不同)は各所でリモート出演し、プレイベント時の様子や「シマヲカナデル」に対する想いを語った。

北木島アート会場Aには、2020年11月14日~16日に開催したプレイベント第1弾矢野きよ実氏【無敵プロジェクト】による書のワークショップ『書きましょ』で奏でた、児童養護施設・悲眼院(ひげんいん)と2018年西日本豪雨災害で大きな被害を受けた北川小学校・小北中学校の生徒、また授業の一環として是非実施したいと要望があった今井小学校5・6年生の心の音、「書」183点と写真パネル120点を展示。こどもたちの「書」を観覧した来場者から、感銘の声が多く寄せられている。

同アート会場には2020年11月28日~12月2日にyanokazuki氏が来笠し制作した石のアート「シマガミサマ」を展示。北木島は「石の島」で栄えた歴史があることから、島民からは「石」をテーマにした作品に特別な思い入れを持って鑑賞したという声が寄せられている。

北木島アート会場Bには、2020年11月17日~20日に開催したプレイベント第2弾中西圭三氏【ぼよよん行進曲】に参加した幼稚園・保育園所のこどもたちから寄せられたお礼メッセージ・プレゼントを展示。同会場にはスクリーンを設置し、プレイベントの様子を収録した映像を放映した。

同会場には2020年11月28日~12月3日に開催したプレイベント第3弾MAYA MAXX氏【奏でる鳥を描こう】実施時の写真パネルを展示。12月3日のお披露目会に参加した島民も多く、展示を通じ 当時を振り返った。
両アート会場にはゆっくり展示品を鑑賞できるよう、椅子やソファーを設置。地方にとって深刻問題として加速する「空き倉庫」を再活用することにより、今後新たな観光名所とし、観光誘致につなげていく。
丁場跡湖上ステージでは、北木島島民による「北木島石切唄」を披露。自然を活かした湖上ステージに北木島島民や番組視聴者から今後のステージ活用・観光誘致に対する多くの期待の声が寄せられている。

シマヲカナデル

  • Home
  • ABOUT
    • プロジェクトについて
    • 笠岡諸島について
  • EVENT
    • イベントについて
    • スケジュール
  • ARTIST
  • REPORT
  • NEWS